2008年07月19日

アメリカ系投資信託会社の「フィデリティ投信(東京)」がインターネット上でのアンケートを行った結果、判明した結果について。

定年退職した60歳から65歳の全国男女100人のうち、退職金で株式・投資信託等を購入した人は39.2%で、そのうち60.7%の人が2007年後半からの株式市場低迷で含み損を抱えていることが判明した。

含み損が発生している人のうち79.4%が「保有し続ける」、「買い増ししたい」と回答した。

理由は「中長期運用が前提だから」50.0% 「損失を確定したくない」29.4%が多い答えだった。

投資先では、最も多いのは「日本株式」57.7%、次いで日本株式以外運用で定期的に分配金を受け取れるタイプの投資信託37.0%、日本株で運用し定期的な分配金のある投資信託23.5%となっている。

フィデリティ投信のアンケートであるため、日本株式の運用が多くなっている傾向が現れているが、「保有し続ける」との回答が多いのが驚かせる。

団塊の世代大量退職で、退職金運用をめぐり各金融機関はいわゆる「投資型金融商品」の獲得に注力している。

金融機関の収益の柱となる投資型商品の販売だが、金融商品取引法が始まってから推進しにくくなった、との現場の声も聞こえている。

金融機関の都合で、投資型商品の売り込みが活発になっているが、投資家としては金融機関の言いなりになるのではなく、自分の「スタンス」をしっかり持って、金融機関と対応したいものと考える。

金融機関の窓口では、手数料収入が得やすい商品を必ず進めてくるが、それに振り回されず、投資に対する自分の判断基準をぶらされないよう、対応したいものである。
dorachan2882 at 22:44日記 

2008年07月18日



先週土曜日から始まりましたね。

広末さん、今までになかった役柄で面白い。
体当たり演技、っで感じですね。

また、元暴走族の総長が少女マンガ家だという設定も
変で笑えました。

今後どんな展開になって行くか楽しみ。
応援します!
dorachan2882 at 18:35日記 
メタボリックシンドロームにならないための生活習慣見直しとはどんなものがあるのでしょうか?

食事や運動と言った対策のほかにも、生活習慣を見直すのは有効なメタボ対策になります。
その生活習慣見直しでメタボリック対策に一番注意したいのがタバコとアルコールです。タバコは百害あって一理なし。メタボ対策にはまず喫煙の習慣を減らすことです。一番はやめることですが、ヘビースモーカーには大変なこと。少しずつ減らしていく努力は必要でしょう。

またアルコールも過剰摂取は禁物です。「百薬の長」とも言われるお酒ですが、飲みすぎは絶対にだめです。アルコールのカロリー、そのときのつまみのカロリーを考えた時、メタボ対策にはやはり摂取量のコントロールが必要でしょう。

タバコ、アルコール、両方大量に摂取する人には酷かも知れませんが、これらの摂取を見直すことはメタボリック対策に重要な生活習慣改善となります。

入浴方法を見直すのも一つの改善になります。ぬる目のお湯に繰り返しつかる方法がお薦めです。繰り返し入浴する方法は血行がよくなり、新陳代謝が高まるので湯冷めしにくくなる利点があります。また体の芯まで温まるので汗もかきます。汗をかきにくい冬などには効果的なメタボリック対策となります。

さらに重要な対策は睡眠の質を高める事です。早寝、早起きの習慣は質のよい睡眠を
得るのに効果があります。メタボリック対策のため、寝る前の4時間はカフェインやアルコールを避けるなどよく眠れる環境を整えましょう。

少しずつでも生活習慣を改善していくことで、メタボリックシンドロームから開放されたいものです。毎日の生活習慣の見直しが本当に重要ですね。

dorachan2882 at 17:11日記 
ブログランキング
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

  • seo

  • ライブドアブログ

芸能人のダイエット方法