2008年09月26日

天璋院篤姫の駕籠がアメリカで発見

米ワシントンのスミソニアン博物館が所蔵する豪華な駕籠(かご)が、13代将軍徳川家定の正室、天璋院篤姫が婚礼時に使用したものであることが、江戸東京博物館の斎藤慎一学芸員の調査で確認されたそうです。

なぜ、こんな貴重なものがアメリカで見つかったのでしょうか?

幕末、江戸城明け渡しのときに明治新政府の役人が売ったとの説が有力です。

徳川宗家の人々は江戸城明け渡しの時に身の回り品以外はずべて江戸城においていったそうです。

高価な日本の調度品は外国人に人気があり、外貨獲得のため、明治新政府が売却したのでしょうか?

いづれにしてもこの駕籠、日本に里帰りするらしいですよ。乗ってみたい・・・・






dorachan2882 at 21:35日記  

コメント一覧

5 カミタクと申します。鹿児島の観光スポットと温泉とを紹介する拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/ATSUHIME.HTM
の関連ブログ集の欄
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/ATSUHIME.HTM#atsuhime_blog
から貴記事にリンクを張りましたので、その旨報告申し上げます。

今後共、よろしくお願い申し上げます。
ブログランキング
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

  • seo

  • ライブドアブログ