景気判断

2008年08月15日

日本銀行は週明け18日から19日に行う金融政策決定会合で景気判断を下方修正する方向で最終調整に入ったようです。

企業部門の景況感悪化、ガソリン高、食料品値上げで個人消費も悪化し、2ヶ月続けて景気判断を引き下げる見通し。

4〜6月の実質国内総生産(GDP)がマイナス成長となったほか政府は8月の月例経済報告で景気後退局面であることを認めています。

これらの要因を受けて日銀も景気判断を下方修正せざる得ない状況です。
政策金利は0.5%のまま据え置く見込みですが、このガソリン高と物価高、いつまで続くのでしょうか?

冬のボーナスは減ってしまうのかな・・・?
所要運転資金情報
dorachan2882 at 09:21 
ブログランキング
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

  • seo

  • ライブドアブログ