辻井いつ子

2009年06月10日

米国のバン・クライバーン・コンクールでピアニスト

辻井伸行さん

が優勝したのを受け
CDや母の辻井いつ子さんが書いた本に
注文が殺到、大反響との事です!



辻井伸行さんの作品はエイベックスから
CD2作とDVD1作が発売されています。




2007年に出したCD「debut」






は1万枚が売れていましたが、8日以降
1日に1万枚のペースで注文が相次いでいるそうです。



昨年出した「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」







は3000枚、DVDは1500枚が売れていましたが
11日までに前者は計3万枚、DVDも計1万枚に達しそうだとか。


特に、「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」
は佐渡豊さんとの共演で、ニュースなどで
佐渡さんが語る辻井さんのその類稀なる才能
が報道されていましたね。




辻井いつ子さんが伸行さんの子育てについて書いた

「今日の風、なに色?」







は00年の刊行から6万5000部売れていましたが
優勝後の注文殺到で3万5000部が増刷!






また、伸行さんの自立の歩みを書いた昨年刊行の

「のぶカンタービレ!」






も初版8000部だったが、増刷して4万部となったそうです。




全盲のピアニストが奏でる演奏と
それを支えたお母さんの今までの過程
が良くわかるようですね。


BGMに辻井伸行さんのCDをかけながら
辻井いつ子さんの著作を読むのも
おつなものだと思いますが
皆さん、いかがですか!



dorachan2882 at 23:13コメント(0)トラックバック(0) 
ブログランキング
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

  • seo

  • ライブドアブログ